M1見てなんかテンション上がってる。

ろうそく立て

M1を見た。
人生をかけてる人達の戦いは
面白いよりも感動の方が強くて
夢を見る、果てしない何かを目指すっていうのは
今の自分にはとても突き刺ささった。

どうにもできないことではあるけど
僕は高校を卒業して
ミュージシャンになるんだって
何も持ってない中
希望や自信だけをひっさげていたけど
僕は音楽をすることを
結構早い段階で諦めてしまった。

早く諦めたから
今の職人としての技術も
若い時に覚えられたし
よかったという思いが強いけど
一方諦めるのが早かったかなと
思うこともある。

どうなるかわからない状態の中
歳をとっていくのは怖かった。

時間は一方通行で戻ることはないから
良いか悪いかは置いといて
今を一生懸命生きていこう、おー!
ってな感じではあるけれども
M1で諦めずに戦ってる人たちの姿は
どうにも眩しかったなぁ。
そういえば

自在鋼房のインスタ作りました
よろしければご覧ください。

自在鋼房インスタグラム

THE・私なインスタグラム
InternationalOrange

鍛治職人・惇平。